フリーポアー・ラテアート・グランプリ 大阪 2019 のご案内

フリーポアー・ラテアート・グランプリ 大阪 2019 のご案内

開催概要

名称
フリーポアー・ラテアート・グランプリ 大阪 2019
主催
日本食糧新聞社
フリーポアー・ラテアート・グランプリ実行委員会
総合プロデュース
㈲FBCインターナショナル 代表取締役 上野 登
実行委員会
フリーポアー・ラテアート・グランプリ実行委員会
  • 実行委員長 上野 登(㈲FBCインターナショナル 代表取締役)
  • 実行副委員長 平山 勝己(日本食糧新聞社 取締役副社長)
  • 実行副委員長 岡田 章宏(Okaffe kyoto / ジャパンバリスタチャンピオンシップ 2008、2009 優勝)
  • 実行委員 東 弘和(Mill Pour / コーヒーフェスト ラテアート日本選手権 第1回大阪大会 優勝)
  • 実行委員 石谷 貴之(フリーバリスタ / ジャパンバリスタチャンピオンシップ 2017 優勝)
  • 実行委員 大田 悠介(Down Stairs Coffee / Coffee Fest Latte Art World Championship 2014 ポートランド大会 優勝)
  • 実行委員 山口 淳一(% ARABICA / Coffee Fest Latte Art World Championship 2014 東京大会 優勝)
  • 実行委員 吉住 美奈子(DEAN&DELUCA / ジャパンラテアートチャンピオンシップ 2016 優勝)
  • 実行委員 井上 久尚(㈱旭屋出版「CAFERES」編集人)
  • 実行委員 大坪 千夏(㈱柴田書店「café-sweets」編集部 編集長)
  • 実行委員 貝瀬 奈々(日本食糧新聞社 デザート・スイーツ&ベーカリー展 事務局長)
  • 実行委員 中津川 栄之助(日本食糧新聞社 FABEX運営事務局長)
  • 実行委員 小林 圭子(日本食糧新聞社 FABEX運営事務局 主任)
※敬称略・順不同
審査基準
  1. Technical Skills(決勝のみ、ダスターの扱い、清潔か否か、マシンの正しい使用、理解、身なり、所作、作業ステーションの管理能力)
  2. Visual Skills
    ① 外観の美しさ、バランス、調和・対称性
    ② 創造性&独創性
    ③ 難易度
    ④ 完成度
    ⑤ 明確性、色の表現力
出場選手数
64名
予選
大会初日32名、二日目32名。
それぞれビジュアルジャッジ3人の審査によるトーナメント形式で競い、二日間合計16名が最終日に進出する。
決勝
ビジュアルジャッジ3人の平均点(50点満点)とテクニカルジャッジ1人(10点満点)の合計点(60点満点)による得点制により順位を決定する。
審査員
コーヒーフェス、JLAC等歴代チャンピオン他スペシャリスト
日程
2019年10月16日(水)・17日(木)・18日(金)
スケジュール
<10月16日(水)>
12:30~ 予選(1)
<10月17日(木)>
12:30~ 予選(2)
<10月18日(金)>
13:00~ 決勝
15:30~ 表彰式
会場
インテックス大阪 1号館
カフェ&ドリンクショー関西2019 会場内特設ステージ

出場予定選手

協力

  • 第7回ファベックス関西2019
  • 第7回関西デザート・スイーツ&ベーカリー展
  • 第22回ファベックス2019
  • 第16回デザート・スイーツ&ベーカリー展